開田無法地帯

ぶらりオタク旅35

¥ 1,100 (本体: ¥ 1000 + 消費税: ¥ 100)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

 B5 60ページ
・21年末、2年ぶりに復活したコミケット99での新刊です。
・近代日本の食文化を研究する光デパートさんの「文豪シリーズ」。今回は銀座のカフェー文化の歴史を優雅に散策します。
・長引くパンデミック中も、ゴジ嫁こと矢内露紀さんのゴジラ詣では止まりません。20年春から21年後半まで、日本各地のゴジライベント、ゴジラスポットを巡り歩いたレポートをご覧下さい。
・高知在住の溝渕剛さんからは、高知南国市に開設された海洋堂スペースファク トリーなんこくの探訪記と、『竜とそばかすの姫』の聖地となった高知各所をガイドするレポートが届きました。
・「開田夫婦のアチコチ行ったよ! 2021年」では、西武園ゆうえんちにオープンしたゴジラ・ザ・ライドの紹介と、開田裕治が担当した同アトラクションの看板イラスト制作舞台裏解説と、石巻ねこふぇす2021、第4回熱海怪獣映画祭に参加したレポートも。

【光デパート】文豪、銀座でコロッケと女について考える 5
【矢内露紀】或るゴジラ教信者のコロナ禍奮闘記
【溝渕 剛】ビックリ、南国に宇宙船が舞い降りた!!
【エロの冒険者】初めてのブルーインパルス 2019年築城基地航空祭
【大沢南】ボケモンGO観光案内
【古城文康】京都の節分際
【傍見頼路】仙台平野の大地主 斉藤氏の庭園と学術研究について
【開田あや+開田裕治】開田夫婦のアチコチ行ったよ! 2021年

企画・編集 開田あや

発行所: 開田無法地帯

著者・編集者

著者:開田裕治

開田裕治
日本のイラストレーター。「怪獣絵師」の異名を取る。日本SF作家クラブ会員。と学会会員。兵庫県生まれ。大阪府立千里高等学校卒業。京都市立芸術大学卒業。東京都在住。 妻は官能小説家である開田あや。彼女もと学会の会員であり、またコスプレイヤーの顔を持つ。

カテゴリ